2007/09/25

デッサンの続き

2007/09/25 火曜日 - 20:49:36 by sokenpico

どんもーっ☆
そうけんぴこです。皆様一週間ごーぶーさーたー。
私がコミケを目指している間に安倍内閣が崩壊したりと、世間ではいろいろあったようですね!
私の愛してる阪神タイガースも、先週の勢いはどこへやら!ウンコチンチン!!
というところで、ええ、練習に精がでますわい。
今回は、最初からマジメに行こうと思いまして、デッサンの続きです。
デッサンとは、
絵の具で面を塗る peinture とは対照的な画法。一般に、ペン、鉛筆、木炭、パステルなどが用いられ、輪郭線(ないし色彩境界線)によって対象の視覚的特徴をつかむことが目的となる。したがって、輪郭線そのものの強弱や太細などが、重要な技法となる。対象に見える明暗や質感・色味・透明感などをハッチングで、さらには水彩彩色で面的に描き込むこともあるが、あくまで付随的である。日本では、面的スフマートまでを含む単なる鉛筆画や木炭画、パステル画などを、その画材のために、誤って「デッサン」と呼んでいる場合が少なくない。(wikipediaより)
ということで、まあ絵を平面として完成させるのではなくて、あくまでも見たまま、そのままを鉛筆だけで立体的に書く練習なのかな、とびこたんは思ってます。
で、わたくし、きちんとしたデッサンを丹誠込めて練習したことなど、キャリアの中に一度もなく、そんなわたくしが、ちゃんとした漫画を書けるのか!と言われると、やっぱり難しいんじゃないかな、と思って、今デッサンの練習をしています。やっぱり基礎が出来る人に私はなりたい!
で、別に先生がいるわけではないのですが、デッサン本を読んで、練習しているところなのです。
先週はとりあえず書いてみた手を公開しましたが、今回はとりあえず書いてみたピーマンを公開します!

同じ角度で同じモノを書いたはずなのに形が違う!
というのがまず下手クソなところなのですが、上のを先に書いて、下のをあとに書きました。
上の方がピーマンっぽい質感がありますね、下の方が形の模写は正しいです。
上のは、線が多すぎて、濃い所が汚くなってしまったので、下は線を少なく、また表面を削るように書く事を意識しました。
それでもさすが4Bの鉛筆、かつ消しゴミはもってないびこたんなので、線が多くなってしまいました。。
鉛筆って味がある画材なので、線が多いとそれっぽく見えてしまうキライがあります。
また、線が多いと、見る人が輪郭を補足してみてしまうので、形の崩れがやっぱりごまかされてしまうのです。
なので、びこたん、次からは線を少なく、それでいて、きちんと形状を表現できるデッサンに挑戦したいと思います!
以上!

PEAR::Pagerが出来るようになったよの巻

2007/09/25 火曜日 - 00:23:54 by kensuu

月曜日担当のけんすうです。
とりあえず、今日は勉強場所の公開を行います。

こんな感じでMacBook+ディスプレイでやっています。下でコード書いて、上で調べ物+動作確認、という形が多いですね。
作業の際にはEclipseを使っています。まだ全然使いこなせていないですが、記述を間違ったらエラーを出してくれたり、入力の補佐をしてくれるので、ケアレスミスが減りました。
初心者が勉強する際に、ケアレスミスは大きな躓きになります。というか、そこで時間がかかりすぎてイヤになってしまうことすらあります。それを回避するのはモチベーションを保つのにいいのではないかと実感しました。
左側には常に本を置いてあります。本を見ながらやる形が多いですね。コピペではなく、必ず自分でコードを書くようにしています。読んでわかる気になるだけではなく、アウトプットをきちんと出さなくてはいけないですね。
そして床にはこのように本を置いています。

ぐわーって並べておいていつでも本にアクセスできるようにします。
本をどう使うか、というのは議論があると思いますが、僕の場合は
1:本は出ているものでよさげなものは全て買う
2:同じことをやるにも、すべての本の説明を読む
というやり方をしています。受験の時もそうでしたが、一つの本の説明を見るより、10冊の本の説明を読んだほうが、いろいろな視点からの説明になるので、わかりやすいのです。
お金はかさみますが、これが今のところ自分には一番あっていますね。
さて、今週勉強したところです。
あまり「ひとり開発ブログは更新していないのですが、やっていたことは、ずばり「PEAR」です。
PEARとは - はてなダイアリー
The PHP Extension and Application Repository
プログラミング言語PHP用のライブラリ集。色々な拡張モジュールやアプリケーションがPEARに登録されており、ネットワーク経由で取得・利用することができる。PerlでいうCPANにあたる。
「ぴあー」だと思われていたが最近「ぺあー」だと判明
これを使えるようになると開発が楽になると聞きました。自分で書かなくていいところは人の書いたものを使う、ということなのかな。
classというのを覚えたので、このあたりに挑戦できるのがうれしいです。
というわけで、書いてみた。使ったPEARは、PEAR::DBと、PEAR::Pagerです。
<?php
$init_obj = new Init_class();

[…]